死亡災害防止緊急対策について(大阪中央労働基準監督署)

平成30年8月17日

建設業労働災害防止協会大阪府支部 支部長 殿

大阪中央労働基準監督署長

 

大阪中央労働基準監督署死亡災害防止緊急対策について

 

 平素より労働基準行政への深いご理解とご協力、とりわけ建設業における労働災害防止活動へのご尽力に心より感謝申し上げます。

 さて、大阪中央労働基準監督署における平成30年の死亡災害が8月10日時点で3件となり、その3件すべてが建設業で発生し、すべてが墜落・転落によるものです。

 昨年の死亡災害が1件(建設業)であったことから大幅な増加となり危機的な状況となっています。

 これ以上の死亡災害を発生させないとの強い決意で緊急対策に取組み、大阪中央分会にも緊急対策に賛同をいただいております。

 このたび死亡災害防止緊急対策周知用リーフレットを別添のとおり作成いたしましたので、重点確認事項等をご確認の上、墜落・転落災害等労働災害防止対策に取り組んでいただきますようお願いいたします。

 建設業死亡災害防止緊急対策周知用リーフレット.pdf

(PDF  1.13MB)