「リスク”ゼロ”大阪推進運動」大阪労働局長安全衛生パトロール

井上 真 大阪労働局長 安全衛生パトロールの様子

 

 大阪労働局は、全国安全週間準備期間である6月3日、「(仮称)心斎橋ホテル計画新築工事」(施工=㈱竹中工務店)の現場において、安全パトロールを実施しました。同パトロールには、大阪労働局から、井上 真 局長をはじめ下岡 恵輔 安全課長ら幹部職員が出席されました。

 パトロールに先立ち、井上 局長が「大阪府内の建設業における墜落・転落災害が依然として後を絶たないことや、熱中症対策に係る取り組みにおいて重要な時期となっていることから、貴事業場における労働災害の防止と健康確保の取組状況について把握するためパトロールを実施する。当現場は、人の往来や交通量が多いなか、高層建築物を建てるという制約条件のもとで実施する難工事である。十分なリスクアセスメントを実施し、作業間の連絡及び調整を密に、皆が一致協力して慎重に工事を進め、ゼロ災を達成されることを強く期待している」と挨拶されました。

 星隈作業所長の挨拶の後、工事担当者より、現場における安全管理の取り組みや、工事概要等について説明がありました。その後、作業環境や安全設備などの整備状況を巡視しました。

 パトロールの後、下岡安全課長は、「外周ユニット足場やフック掛け替えの習慣づけなど随所に墜落・転落対策が講じられている。熱中症等で体調の悪い作業員を一人にせず付き添いをつけて体調の急変に備えるなど、より一層の安全衛生活動への取り組みの強化をお願いしたい」と講評されました。